地球土地利用・地価GIS分科会地球
活動目的活動目的

土地利用と地価に関する分野において実働している地理情報システム及び空間データ、その他関連データについて調査研究を行い、問題点の分析や、より高度な活用方法などの検討を行うことを目的としています。

●研究会・勉強会の開催(年2回)
●地理情報システム及びデータの実態調査
●活動内容及び成果の発表(分科会WEBサイト上にて)

本年度活動目的
国土交通省が実際の取引価格をGISで表示する『土地総合情報システム』を構築し平成17年度より供用しています。
これは、これまで日本では民間の一部の試みを除いて、公には存在しなかった公示地価などいわゆる評価額以外の、大規模な実勢価格の情報を初めて公開するものと言えます。国際的には、実勢価格が常識です。
これまでは国際的には当たり前となっている実勢価格のデータが存在しなかったため、日本の都市経済の実証研究は大幅に遅れておりました。このため、このシステムは、GISや都市経済の研究の上からも極めて画期的な意義をもっております。このシステムを利用することによって、GISや都市経済の研究が世界水準に近づくことが期待されます。
本年度の当分科会活動目的は、このシステムを利用した研究活動を行うことを目的としています。





連絡先
土地利用・地価GIS分科会

  分科会連絡先:Email : totiriyo-sig@seicom.jp
  西端憲治(株式会社セイコム Tel 0721-25-2728)
  大阪府富田林市錦織東2−12−9





GISA 地理情報システム学会(GISA)